スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by miyayo
 
[スポンサー広告
近所の毛糸屋はオージー流
毛糸を買う店は大型手芸店のスポットライトか、ホームセンターと決まっていました。
このスポットライトは自社ブランドの製品に力を入れ、他社ブランドの品揃えが芳しくありません。

野呂もローワンもないのです。 寂しいね~

これはいかんと思い、まずは電話帳で毛糸扱い店を探しました。
ないっ!!いちよ人口29万人はいる町よ。編み物人口だって結構いてもいいはず!

それではと、ラベリー内の我が地域グループをあたってみることに。
ありました、ありました!!以前住んでいた近所に店があることを発見!!
早速、出動~

こじんまりとした店構え。メインはパッチワークのようです。
(横の牛さんは本編となんら係わり合いはありません。となりの肉屋に所属)

IMG_3630_1_1_1.jpg

入り口わきの棚に毛糸。
品数は多くないけど、野呂やジョーシャープなどもあってちょっと感動です。

IMG_3633_2_1_1.jpg

でも気になるのは棚の上に何のラベルも付けられずに置いてある糸。
鉛筆書きで書かれたアルパカの字はなんとか読み取れたものの、とても気になる。
ほ、ほしくなってきた~(よだれが)

IMG_3634_3_1_1.jpg

もう買う気満々。
カウンターでお客さんと話し込んでいるかわいいおばちゃんに
"I wonder how much that is ??" と指差しながら値段を聞いたところ、
"私、よく分からないのよ。明日、その糸買ってきた人が店に出てくるから、その時ね(ウインク)'
っというずっこけアンサーを返され、
私は無意識に"Are they for sale ? "売り物なりか?っと聞き返し、
そうだ、そうだと深くうなずくので、
また思わず "I may come back ..." ま、また来ますっと子羊のように控えめに伝えたのです。

店を出てから、にょきにょきと日本人の私がクエスチョンマークを持って現れてきました。
本当に商売やる気があるのかな?
私はほぼ買う気だったのに。お客さん、逃しちゃったよ。
日本だったら、こういう時、
「少々お待ちください。只今、お調べいたします」と述べ、
休日の人に電話するなり、なんかしら努力してお客さんんのニーズを満たすと思うんだけども。
日本で働いていた時はそうしてきたしな。。。
私もしつこく聞かなかったから~しょうがないか。

まっここはオーストラリア、何をそんなにあせることがあるのか。
気にしない、気にしない。のんびり行こう。また出直せばいいことだ。


そして私のなかの日本人はなだめられたのでした。

しかし、あの糸いくらで売るのかな






スポンサーサイト
Posted by miyayo
comment:4   trackback:0
[編み物 話題]  thema:編み物 - genre:趣味・実用
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。