スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by miyayo
 
[スポンサー広告
Catherine-Wheelでカメラケース
ベッドの中でぼんやり思った。
やけに静かな朝だな。
すぐに我に返る。
「そういえば、夫と子供たちは家にいないのだ」
「母ちゃん残して、2泊3日っで行っちゃった」
「ヨガのファミリーコースに行っちゃった」

一人っきりの週末。
こんなの独身時代ぶりうほい

この週末2晩は、朝方4時まで友達と羽目をはずして遊びました。
えっと~そこは主婦、遊ぶ内容は地味に、編み物とトランプでございました。
どんだけ好きなんでしょう。編み物とトランプ。

時間の過ぎるのは早いもので、家族なしの週末はあっという間でした。
あと数時間したら、ガヤガヤと帰って来なさる。
数日離れてみて、いない寂しさと大切さを実感 


 
さてさて、最近の私はつまずきばかりの苦悩の棒編みカーディガンを抱えておりました。
ここらでちょっと息抜きをと思い、相変わらずやってしまった。
棒針そっちのけで、かぎ針さんにおぼれる日々。

息抜きのつもりが、楽しくて~
息つぎできないほど深く潜水。

My camera bag

IMG_5995_1_1.jpg 

昨年、MOONSTITCHESさんのRhubarb Scarfに出会ってから
ずっと編んでみたかった、Catherine-Wheel編み。
R上でMOONSTITCHESさんの作品にインスパイアされたMichelle MooneyさんがNoro Catherine Wheel Scarfを編み出し、フリーパターンを公開してくれています。
いつもながら、ありがたや~

IMG_5988_3_1.jpg 

Catherine-Wheel。
Wheelが車輪とすれば、「キャサリンさんが編み出した車輪」がパターンの名前の由来でしょうか?!

っと思いきや、辞書を引いてみたら
「エジプトのアレクサンドリア王家出身のキリスト教殉教者カタリナの拷問に使用したスパイク付き車輪」
っとありました!!
急におどろおどろしく見えてきました。
他にも意味があり、回転花火、車輪窓(円形窓)がありました。
勝手に解釈するに、編み物のパターンに拷問関連の名前をあえてつけないと思っています。
真相はいかに??


古くなったカメラケースを編もうと前々から予定してあったので、
編んでみたかったこの模様で作ってみることにしました。

IMG_5990_4_1.jpg 

まずは底をカメラの厚みに合わせて往復編みしました。車輪3つ分。
そこからは底部周囲に針を入れ、ぐるぐると輪に編み上げます。

IMG_6006_1_1_1.jpg

カメラがすっぽり入る高さになったら、ハンドル部を作ります。
ハンドルはカメラ撮影中、ひょいっと手首にかけれるのが便利なワンハンドルにしてみます。

ハンドルは前後別々に往復編みで適当に減目をしてボトル型に絞ります。
ハンドルの頂上は巻きかがりでくっつけました。

IMG_5985_1_1.jpg

仕上げにハンドル周囲を水色で細編み1段、茶色で細編み1段。
最後に水色でバック細編みをして、終~了!
キャサリン車輪(カタリナ使用拷問用車輪?)は楽しかった。
また、何かに応用してみたいパターンでした。
楽しい編み時間をサンキュウ。

もうそろそろ家族が帰ってくるな。そわそわ。 
                                
スポンサーサイト
Posted by miyayo
comment:18   trackback:0
[編み物 入れ物/Bag]  thema:編み物 - genre:趣味・実用
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。