スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by miyayo
 
[スポンサー広告
Francis Blue Dress
父の髪は65歳過ぎてもこんぶのように黒々している。
母はもともと色素が薄く、若い頃から茶髪で、
私の小学校の入学式で、同じクラスの男の子に、
「お前の母ちゃん、不良?」って聞かれたことを今も忘れない。今思うとおかしい。
そんなんで物心ついた頃には、すでにかなりの白髪の量の母でした。

自分は父方DNAを強く受け継いでいると思っていて、髪のことも気にしていなかったけど、
ここ最近、私も前髪と横髪のコーナーに白髪村ができてきました。
100万都市にまでは発展しちゃいやよ~

髪だけでなく、気候もめっきり寒くなりました。
欲しいな防寒服!お金ないから編みましょ!ルンルン
っということで自分ニーズを満たす一枚編みました。

Francis Blue Dress

 IMG_1430_4_1.jpg

パターンはラベリーで感謝感激の無料です。
2008年にリリースされてから、ラベリーで1000近くの作品が作られています。
私も時にはストライプ構想したりしながら、ずっと編みたいと思っていたパターンでした。
とてもシンプルに書かれていて、アレンジもしやすい。
今回は防寒対策その一、丈を伸ばして腰周りをぬくぬくっと。=ドレス丈。 

IMG_1418_1_1_1.jpg   

防寒対策その二、袖丈も伸ばして、風が入ってこないようカフスを縮める。=ロングパフスリーブ。
袖は一回目でパフをブア~フと膨らませすぎてしまったので、やり直し2回目は少しパフ度を抑えました。
(余談)左手の薬指見てくださ~い!うふっ青いでしょ、変形してるでしょ。ぽりぽり
    痛い事情はこれです

 IMG_1385_1_1.jpg

身頃、袖、カウルの裾は全て鹿の子編みです。
そこは少し濃い青の2plyのモヘア糸と引きそろえてます。 
 IMG_1427_2_1.jpg

カウル付きセーターは始めてで、カウル部で燃えました~
Idlewoodみたいなもっともっと大きなカウルにしたい欲望と戦いながら、
鹿の子部を一段増しで落ち着きました。結局、一段てな~
 
IMG_1436_5_1.jpg 

次編む時は、前後差がないのでつけようと思います。
下に一枚着れば、あとはこれだけで昼間は十分暖かくて良いっす!

北半球のみなさまには何とも暑苦しい内容で申し訳ない。
なんか寂しいのだわ~南半球って


*パターン...Francis Revisited by Beth Silverstein
*糸...Soft Haze Bulky (blue) by  Patons Australia 690m使用 
          Kid Mohair Blend Lace (ultramarine) by Moda Vera ガーター部に使用 
針...13号、10号(カウルの半分、裾部)
期間...6月9日~6月14日 
*ここにもいますラベみやノート




スポンサーサイト
Posted by miyayo
comment:4   trackback:0
[編み物 洋服/Garment プルオーバー/Pullover]  thema:編み物 - genre:趣味・実用
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。