スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by miyayo
 
[スポンサー広告
Lin-Lin Shawl {林林ショール}
4ヶ月間の紆余曲折を経て、
17人のいずれも素晴らしいテストニッターさんに、ショールのパターンを届けることができました。

私にとってはかなりの大人数なので、きちんと対応できるか不安でした。
プラス今回は、英語版と日本語版を並行して進めているということもあり、
メールのやり取り、確認、再考、手直しで一日があっという間に過ぎていきます。
でも、パターンが良くなっている喜びがあり、
単純だから、パターンを褒めてもらえると本当にうれしくて、パワー充電されてます。

関係者さま、引き続きよろしくお願いします。


Lin-Lin Shawl

IMG_8950_1_4_1.jpg   

今日は、写真で振り返るぶらり途中経過の旅をちょこっと 

小学校時代に住んでいた家のすぐ裏に雑木林がありました。
落葉樹だったので、冬になると地面はふかふか葉っぱのじゅうたんに。
一面茶色。
上を見上げれば、葉っぱが全部落ちちゃったので、つんつんした枝が格子模様のように広がり、
その先には冬空と鳥が。
そんな光景が今になって脳裏にくっきり浮かびます。
そんな場面をショールに描こうと思いました。


IMG_8426_1_1.jpg

4月末。メインの模様決定。
メインとなる木(枝)の部分は、当初縄編みも考えていましたが、
レース編みが好きなので、立体的に交差して見えるクロスハッチステッチを使用することに。
この模様は裏面も作業があるので、楽しくもあり忙しくもありです。
こねくり回し、時は流れ。。。


IMG_8598_1_1.jpg

5月末。エッジの模様が完成するまで1ヶ月かかる。


IMG_8648_1_1_1.jpg  

6月初頭。最初のフル試作品完成。
多色なのは糸が品切れのため。。でも結構、配色を気に入る。
これは最初のセクションがメリヤスであり、エッジの増目も多くしてヒラヒラ度が多くなっている。


IMG_8748_1_1.jpg

6月中旬。2つ目のフル試作品。
最初のセクションは、まだメリヤス。メリヤス部のショートローのピッチを変えて高さを出してみる。
鋭角すぎてちょっとヤダ。色もセクションごとに変えてみる。



IMG_8817_1_1.jpg

6月後半。
3つ目のフル試作品。
カールしがちなこれまでのメリヤス部をゴム編みにして、木の幹っぽくしてみる。
木が出来たどーっと喜ぶ ^^/
本番用試作品編み開始に鼻腔を膨らませる。
しかし、細かい微調整、W&Tの入れる場所や捻りのことなど、また時間は過ぎていく。


IMG_8960_1_10_1.jpg

7月中旬。
遂に試作品の旅は終着駅に到着しました。ぷしゅーーーー
絵としてみたとき、着用すると模様が逆さまになるのは、ご愛嬌なのです。。。
上から木の幹セクション、枝セクション、鳥セクションの3部構成です。

 IMG_9048_1_1.jpg

パターンリリースは8月4週目を予定しております。
よろしくお願いします。
ありがとうございました。


パターン:Lin-Lin Shawl オリジナル
糸:Cascade 220 Heathers (10ply/Worsted(並太)in 4010 Straw Heather by Cascade Yarns
針:10号/5.1mm 輪針
期間:7月1日~10日
みやラベノート


スポンサーサイト
Posted by miyayo
comment:10   trackback:0
[編み物 首と肩/Neck & Shoulders]  thema:編み物 - genre:趣味・実用
Antique Rose
これはデカイ!
30センチ定規が少しはみ出ちゃう。

ポットホルダーとして使おうと思っております。
だけど、茶がこぼれるのはイヤイヤ。
ソースまみれになるのはノンノン。

さてさて、どうしよう。
頭に乗せてみる。
あっ、いい。

Antique Rose

IMG_9108_2_1_1.jpg


久しぶりの余り糸KALが開催され、お題がキッチン雑貨!いえす、やるっす。
ショールのサンプルもちょうど編み終えて、気持ちも軽く、楽しく編めました。
パターンはフリーで公開されてます。Thank you!

本当は華奢なレースのドイリーですが、極太コットン糸を棒針5号で編んでます。
うーー、昔、図鑑で見た、世界一大きな花に見えてきてしょうがない。ハエ食べちゃうんだったけな。。。


IMG_9104_1_1.jpg

クンスト編みです。

IMG_9114_1_1.jpg

エッジは、I-cord BOで厚みを出して止めました。

IMG_9111_1_1_1.jpg

編みたいな、いろんな色でもっと。

パターン: Liz Snella's Heirloom Doily by Vintage
糸: Lion Cotton Solid (Aran/10ply) in Rose by Lion Brand
針: JP 5号(DPNs)
期間:7月12と13日
みやよノート

 
Posted by miyayo
comment:0   trackback:0
[編み物 ホーム/Home]  thema:編み物 - genre:趣味・実用
W&T考 {Tree and Bird}
Joujoukaさんが発起されたショールDAL(Design Along)に参加して、
ショールのパターンを書いてます。

チャートや表作成なども終え、紙面上は90%完成し、
(もう7月?ほほ、4月からガチでやってこの進行状況でし)
昨日、セルフチェックしながらの最後のサンプル編みに取り掛かりました。
一番、苦手なのが、英語でのテクニック説明です。
一般的技法はお手本があるので助かるのですが、特別なやり方を入れ込んだりすると、
うまく説明できてるか不安です。


IMG_8899_1_1_1.jpg


パターンは3つのセクションに分かれていて、編みはじめからの最初のセクションは3目ゴム編みです。
山形を作るようにショートロー(引き返し編み)をしながら進みます。
ゴム編みの中で3,4のピッチで引き返ししていくので、
返す地点が表面の裏編み目や、裏面の表編み目だったりするので
ショートローの方法はどれが、一番やりやすくて、裏の表情も悪くないか、経験浅い中、悩みました。
結果、やはり一番馴染みがあり、きれいだったラップアンドターン(W&T)を使用してます。

IMG_8896_1_1_1.jpg  

海外パターンを編まれるかたはW&Tが一番馴染み深いと思います。
そのW&Tで少しモヤッとすることがありました。

「日本のニッターさんは、RS(表面)でラップをされるとき、糸を時計回り(最初に糸を前に持ってくる)、
または、反時計回り(糸は後ろにある状態)、どちらでやっておられるのでしょうか?」
「その違いは?」っというモヤです。

私のW&Tとの出会いがKnitting Daily やHeidi さんのパターンだと記憶してます。
それらは、反時計周り(糸は後ろからまわす)だったので、ずっとそうやってきました。

でも先日、AmirisuのNinianを編ませてもらったときの指示(テクニック集)では、時計周りでした。
そのとき初めて逆でやってみて、時計周りでもいいんだ!
次の目にスムーズに移行できて理にかなっていると気に入り、
その後は、なんとなく反時計回りが気になりつつも、時計回りでやっていたのです。
編みものブログや動画を見ると、英国のニッターさんは時計周りが多いような。
でも、アメリカ発でもそれぞれであったり、アホなので混乱してきました。

今回、パターンを書くにあたって、どちらかにしないと、
と思いネットで両者の違いの解説や言及はないかっと探しては、暗黙の了解なのか、常識なのか、見つからず、
実際に自分で編み比べてみて解決しました。早くそうすれば良かったっす

表面で、時計周り(糸を前に持ってくる)でラップすると、段消ししたあとに、ラップがねじれる。
表面で、反時計周り(糸を後ろから)でラップすると、ラップがねじれないのです。

それなので、時計周りは、ねじっているので、伸ばすとつり、
糸によっては、ねじりがころっとなり目立ちます、
でも、逆にそこがきゅっとなって編み目に埋没して目立たない場合も。

太い糸で編んで、編み地を伸ばすと断然、反時計回りのほうが馴染んで良かったので、
今回のショールは太糸、しかもゴム編み地の中なので、反時計周り、これ ↓ にしました。

Copy of Tree and Bird wrap and checkwTjp.png

 
*いつもお世話になっている TECKnittingの Short rowsの記事の2a、b、c...3e 図解が分かりやすいです。

でも、どちら回りでラップしても、
目とラップを一緒に編むときにちょこちょこっと方向は変えられるのですな。
今回は、モヤモヤだったことが解けて少しすっきりです。
しかし、まだ、怪傑ズバットされたいのです。 

パターンにはこのやり方で書いているので、
逆向きに慣れているニッターさんが混乱されては~、質問攻めにされては~と思うとビビっちゃうのです。
そうして冒頭の悩みの話に戻るのです。

こんな基礎的なことで、立ち止まっては少し進んでで、時間かかりつつやっております。

 IMG_8905_1_1_1.jpg




Posted by miyayo
comment:4   trackback:0
[編み物 話題]  thema:編み物 - genre:趣味・実用
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。