スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by miyayo
 
[スポンサー広告
捕鯨問題

Junoさんがご自身のブログで黒マグロ問題に触れられており、
コメント欄で捕鯨問題に言及が移りまして、今回の内容となりました。

捕鯨問題。 


捕鯨を反対する筆頭国といえば、オーストラリアではないでしょうか。
政府が国際司法裁判所に日本を提訴すると言ったり、両国間の摩擦が生じようとも、経済的痛手もなんのその。環境大臣は元グリンピースの理事ですし。
断固、捕鯨に反対。

日本を目の仇にしているそんな国に住み、肩身の狭くなることもあります。
越して来てからの最初の3,4年は毎年、親戚が揃うクリスマスパーティで捕鯨の話が出ていました。反対意見で盛り上がったところに、
「ところで、みやよは鯨を食べたことがあるのか?」
っとお決まりの質問を聞かれたものです。
「給食で出てました」「味?…覚えてないわ」
ううう、去年と同じ会話や~

20年来のベジタリアン(現在は魚介類、卵は食べます)の私にとって、捕鯨にももちろん反対し続けてました。
動物愛護の考え方に加え、各国から日本が叩かれているのだから、捕鯨なんて続けていく利点が見当たらない。
意地張ってないで、やめればいいのにっと。

今年の1月にシーシェパードのアディ・ギル号と日本の監視船第2昭南丸が衝突した事件がありました。それをきっかけとして、意識的に情報集めをしていました。
環境保護団体やオーストラリアの新聞、各国国民の反対する言い分、一方の、日本捕鯨協会や水産庁や支援する方々のサイトなどなど、情報の洪水におぼれ続けました。
いつもどっちつかずの中道グセのある私は、一日で賛成から反対になったりと、揺れ動き続けていました。

私は根本的には捕鯨反対であります。
できれば、地球人が皆ベジタリアンになれば、なんて素晴らしいだろうっと若い頃は本気で思っていました。食べるために動物たちを殺さなくなる日が来たならば、捕鯨問題も過去の産物に。でも、あきらめというか、現実を直視するとそんな日が来るのは夢のまた夢なのでしょう。だから、捕鯨問題に関しても、現実を見据えていこうと自分の中の感情的な部分を引き出しの下に押し込みました。

なので、反対国、特にオーストラリア人がよく言う、かわいそうだから、知的だから、などの感傷的な理由は賛否の判断基準からは削除します。これを言い出したら、豚は?牛は?カンガルーは?となり、悲しいかな、肉食社会に生きる私たちが言える筋合いではありません。
また、野生と家畜は違うとの意見がオージ側からも聞かれますが、こんな考え方耐えられません。

先日もマクドナルドで、日本たたきをしながら、鯨がかわいそうっと言いながら、ビッグマックをほお張っていたアメリカからの団体様がいらしたな。

西洋諸国が油田が発見されるまで、鯨の油のためだけに乱獲していた歴史はこの際いいです。ベトナム戦争が劣勢になっとき、国民の矛先を他にむけるために、ニクソンが捕鯨反対を言い出したのも、まっ、よくある戦略なので、いいです。
他の捕鯨国はがんばったのに、米国からの経済制裁の脅しに屈してしまい、商業捕鯨から、調査捕鯨に妥協してしまった中曽根元首相も悲しいけど、もう取り返しがつかないので、しょうがないです。

後に残るのは、現在の事実と将来です。ここから捕鯨問題のみやよなりの賛否を見つけたいと思います。

現在日本が捕獲するミンク鯨などは、人間が介入し、乱獲、保護の経緯をたどり、結局現在は増加して、100万頭生息していることが知られている。さらに、日本の科学調査で、鯨の魚類消費量が年に約4億トンになると判明している。これは人類の年間漁獲高の4.5倍の数値です。海の食物連鎖の王者くじらが増加することで、他の魚が急速に激減している。ナガス鯨もミンク鯨に餌場を追われ絶滅寸前。
海洋資源のバランスを崩さないためにも、捕鯨がむしろ必要に思える。

私が一番、捕鯨賛成と言いたくなるのは、2007年のIWC(国際捕鯨委員会)会合です。日本は自国の沿岸小型捕鯨地域に対する捕獲枠を提案したにもかかわらず、反捕鯨国はこの提案を拒否したことです。しかもそのとき、捕獲頭数は空欄にして、1頭でも呑むよう議論の余地をいれたにも関わらずです。反対の理由は,日本の沿岸小型捕鯨には商業性があるというものでした。
米国やロシアの先住民生存捕鯨はOKなのに。
アラスカ先住民が捕獲した鯨の工芸品は、一点数十万円で売られているのに。
結局は、日本には自国内であっても、一頭も捕らせさせたくないのである。
これには思わず、「差別してるの?日本人嫌いなの?」と言いたくなるう。

さらに、将来の地球の食料問題も見据えた日本の捕鯨への態度は、応援したくなる思いにも駆られるのです。
21世紀半ばに地球の人口は100億を超えると言われています。もうすでに荒廃の広がっている陸地でこの人口を養えるだけの牛や豚の生産は難しくなるでしょう。そのときに人類を養えるのが鯨だという見地です。自給率40%の日本で、この先どんな世界情勢になり、万が一物資が絶たれるようなことも全く起こりえないとも限りません、そのときに捕鯨技術が残っていれば日本人、人類に貢献できるのです。

IWCの決定も国際法も日本は破ることなく、捕鯨活動を続けているのに、反捕鯨の人たちの反論の視点がずれているのが目につきます。

私には疑問点がまだあります。聖域のこととか…
まだまだ勉強不足です。

でも、今現在の自分は捕鯨賛成の立場です。



<主要なソース>

櫻井よしこブログ
鯨論・闘論
日本捕鯨協会
日本捕類研究所
海洋政策研究財団

SMH(シドニーモーニングヘラルド)

スポンサーサイト
Posted by miyayo
comment:8   trackback:0
[よもやま 問題]  thema:思ったこと・感じたこと - genre:日記
comment
「根本的」より「今現在」が優先?
情報ソースが一方の当事者が発信しているものに偏っているようにお見受けするのですが・・
以下もご参照いただければ幸いです。
・やってる「ふり」だけ?の沿岸小型捕鯨再開提案~国際捕鯨委員会・2007総会ウォッチ(5)http://www.news.janjan.jp/world/0706/0706280989/1.php
・「クジラが魚食べて漁獲減」説を政府が撤回・ 国際捕鯨委員会で森下・政府代表代理が「修正」発言
http://www.news.janjan.jp/living/0906/0906290018/1.php
・マスコミが伝えようとしない調査捕鯨の「負の側面」
http://www.janjannews.jp/archives/2188034.html
2010/03/24 02:25 | | edit posted by ネコ
感謝
こんなに丁寧に、お返事(?)というかmiyayoさんの思うところ書いていただいてありがとうございました。すごい勉強されているんですね。主要なソースにあがっていないけど参考にした文献etc.もたくさんあるんでしょうね。理想論に走りがちな私には良い勉強になりました。(例:クジラの人口増加によって海洋資源のバランスが崩れたこととか、だから人間が海洋資源をコントロールすること自体おかしいんだ!といきどおって終わってしまう、とか)

オーストラリアで、捕鯨問題についてはほんとに肩身狭いですよね。自分がクジラを食べたことあるかどうか、自分がベジかどうか、捕鯨に賛成か反対かあまり関係なく、「日本人=クジラを食べる=野蛮」だから。
ほんと、じゃあカンガルーもワニもemuも食べるお前らはどうなんだ~!と思います。カンガルーのcullingもしてるしね。
で、それを言ったら、じゃあ、豚は?牛は?って思うから、例のサムニールのレッドミートを食べよう!のコマーシャル(まだやってますか?)とif you don't like chicken, there's something very wrong with youの某チキン会社のコマーシャルにいちいち腹を立てておりました(苦笑)

だいたい、グリーンピースかなにかのホームページで読んだけど、日本で鯨漁が商業化された背景には、第二次世界大戦後のマッカーサー氏が絡んでいるんだそう。日本だけが悪者じゃないんじゃないか?と思います。(アメリカが仕掛けておいて、日本がのってきたところで、ていうかこれは野蛮だからやめてくれっていうのもなんか卑怯な気が....)

ので、この辺りはmiyayoさんの気持ち分かります。

でも、でも、鯨が将来本格的な食料源になるのはちょっと不安な気もします~。人間のことだから、結局食べ尽くすか、今の家畜のように工業化されちゃって、食糧難を先送りするだけになってしまいそう。(と、ベジタリアンのつぶやきでした)

コメント長くなりました:)
2010/03/24 09:13 | | edit posted by juno
ネコさま
ありがとうございます。
ネコさまが熱く反捕鯨を綴られているブログに幾度もお邪魔させていただいてました。ご紹介いただいたJanJanニュースの記事も読んでおります。ネコさまも記事を掲載されてますね。

挙げられた記事の是非の判断を下すには勉強不足の私にはとんでもないことです。
当初読んだ感想としては、森下参事官の発言の変遷の真相や、沿岸小型捕鯨の件で、本当に権利を獲得する気があるのかとの指摘も、正直、小さいところをつついているな、反対の立場の人からするとそう見えるのか、と思う程度の内容として受け取っていました。
ただ、今回もう一度読み直してみて、私の捕鯨賛成の主要な説でもあったクジラ食害説に関しては、考え方をあらためています。
この捕鯨問題自体が其々の焦点や価値観が異なり不毛な議論なのかもしれません。もう20年以上もかみ合わないままなのですよね。

2010/03/24 19:34 | | edit posted by miyayo
Junoさま
なんかこんな形になってしまいました。
正直、自分のブログでは社会問題などの真面目な内容は控え、編み物中心で軽くほがらかに、行こうと思っていたのです。
でも、なんでしょう、胸につかえていた物がとれたような、すっきり感があります。同時に重圧も感じちゃったりして。

サムニールのCM、今はやってないみたい。あれはイヤだったね!
オーストラリアは種の絶滅率が最も高い国の一つなのですよね。ディンゴやタスマニアデビルも絶滅危惧種になってしまったし。日本たたきする前にもっと自国に目を向けて欲しいです。

最後に書かれていた鯨が食料源になると不安になる気持ち同じです。
鯨食が一般化ならないことがどんなにか良いか。
それと国際ルールを無視しがちな中国が捕鯨に乗り出すような日がいずれ来て、乱獲しまくらないよう願うばかりです。

2010/03/24 20:21 | | edit posted by miyayo
捕鯨問題。みやよしが論点として「削除」した点にはすべて同意だわ。
なんにも勉強していない人の素朴な疑問・感想としては、クジラが増えたから魚がいなくなって生態系のバランスが崩れるって、なんかこじつけっぽくね?魚がいなくなればクジラだって餌がなくて減るでしょ、そして天敵が減ってまた魚が増える~生態系のバランスってそゆことじゃないの?
今後クジラが食料資源となり得るか..についても、ちょい疑問。クジラが美味なタベモノだったら、とっくの昔にみんなこぞって食ってるのではないか。ウシとかブタに代わる蛋白源としてこれからはクジラを食べましょう~と単純にはならないような気がする。
賛成派も反対派も、どっちも意地になってこじつけっぽいことを言っているような印象を受けます。データの使い方も、もろ政治的な思惑で操作されてそう。ときに、捕鯨が危険な作業だから、捕鯨=人命軽視って論にはお茶吹きました。安全対策すりゃいいじゃん。個人的には反対でも賛成でもないです捕鯨。環境に悪いのは牛肉のほうだよね?環境保護の視点から捕鯨反対の人は、米加豪あたりの「毎日ハンバーガー」人口による牛肉消費がもたらす環境破壊についても、当然、危惧してるんでしょーね???
ダラダラと失礼しました。
2010/03/24 22:30 | | edit posted by noko
のこち。
この問題は完全にわたしの脳みそのキャパでは整理できない魔物です。
真剣に考え始めると頭がパーになりそうです。編み物をしてバランスをとらなければ!ぜはぜは。
のこちの疑問・感想の生態系バランス,その通りだと思います。政府見解もくじら食害説に関してはお茶を濁し始めてますね。漁獲量が減ったのはクジラの増加だけの原因ではなく、環境問題、水質汚染、人類の魚介の摂取量が増えた、とか様々なことが絡んでいるはずです。海洋学者が言ってたけど、これだけ科学が発達していても海はまだまだ未知の世界だと。
生態系バランスにしたって、整えようと人間が関与するのは実におこがましいしことだけど、前世紀に人間が鯨を乱獲、保護と手をつけて荒らしたとしたら、自然は治癒力がある、大丈夫って、放置しっぱなしでも良いものかとの思いもよぎったりします。鯨の中でも力関係があって、絶滅に追いやられる種もその間に出てくる可能性も考えられます。それも、自然の摂理でしょうがないのかな。介在したら、まったどっこでひずみを生むのかな。
保護したために増えすぎた象とか鹿とか、結局人間が間引いたり、天敵を他から連れてきたりと介在している例は陸地ではよく見られますね。

鯨の食料資源については、現在のような飽食の時代に生きる限りは、鯨食の一般化は絶対っと言って良いほどあり得ないよね。でも、問題は今後、食糧難の時代がやってきた時はどうだろうか。アフリカや北朝鮮のような、草を摘んで生き延びてるような環境であったら、鯨を喜んでいただきますよね。

牛肉消費がもたらす環境破壊!本当、そうよね!
こうも理不尽なことが多いと、何にも考えたくな~いとなっちゃいます。
今夜もPuzzled。編もうっと。
2010/03/25 21:50 | | edit posted by miyayo
こちらに書いた方がよかったのかな。結論だけ再現。
1.紀伊半島の住民はnative Japaneseです。Native Americanに許されるレベルが許されるべし。スーパーでこっそり売っています。気の知れたお客はレストランで食べることができます。
2.反捕鯨の先頭に立つ人たちの多くはcauseのためといいながら、寄付金を貪る遊民偽善者。
捕鯨問題に関しては、聞く耳を持たない人々に、どれだけデーターを出しても正攻法で説得しても無理。外交下手の政府をもったことを紀伊半島の人間は嘆いたりせずに、入ってくる鯨さんは取って食べてしまうのです。少しだけです。水銀入りをちょっぴり食べても大丈夫な世代が亡くなれば次の世代は食べなくなるでしょう。そうすればシーシェパードの皆さん、今度は反マグロ、頑張ってくださいね。
2010/04/23 21:57 | | edit posted by Misago Hayhoe
Misago Hayhoeさま
紀伊半島で(隠し!)撮られた例の映画は、血に染まった海の映像が強烈すぎたこともありましたが、どうもSSの思想と結びついたようなコンセプトをぷんぷん臭わせていたので、純粋に観たいと思いませんでした。オーストラリアのある姉妹都市が姉妹都市の関係を停止決議したりと、こちらでも波紋が広がりました。
あの監督が伝えたかったのはイルカ保護もあるが、水銀問題だとも聞きました。水銀について少し調べてみると、大型の魚のメチル水銀濃度はもともと高く、妊婦は控えた方が良いが、それ以外は実はそれほど問題でないとの研究結果にもあたり、本当のところどうなのかよく分かりません。http://www.nimd.go.jp/kenko/kiji/20080201_kumanichi.html
個人レベルで反捕鯨に反論されている方たちもたくさんいますが、政府として堂々と反論、説明できないものなのでしょうか。政治的プロパガンダや政府が弱腰であるためか、人種的な理由によりか、標的にされている捕鯨継承者たちの憤りを思うと歯がゆい気持ちでいっぱいです。
絶滅が危惧されてるセミクジラやホッキョククジラが年間300頭弱エスキモーの食料としてIWCから承認されていたり、昨年は揚子江イルカの絶滅が確認されたようですが、SSなどの反捕鯨運動は無視状態のようですし、どう考えてもおかしいことだらけです。

2010/04/25 19:58 | | edit posted by miyayo
comment posting














 

trackback URL
http://institches2.blog23.fc2.com/tb.php/52-0b57a03d
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。