スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by miyayo
 
[スポンサー広告
ジャカランダの花/Jacaranda Shawl
オーストラリアへの移住が突然浮上し、
出産を2ヶ月後にひかえた大きなお腹をえっちら抱えて
この地にやってきたのが木枯らし吹く真冬の8月でした。


新天地での慣れない生活と少しずつ近づく初産の日。
あれやこれやしているうちに季節は春になり、
産気づいて入院したのが10月末でした。

30時間の格闘の末、元気な男の子を授かったのが夜の8時。
気力体力とも奪われ、抜け殻状態のまま、産まれたばかりの子をワゴンに乗せて
支えてくれた旦那とだだっぴろい病院をテクテクと大部屋まで移動。
それが出産2時間後の10時。
「明日の朝また来るから」っと赤ちゃんと私にキスしてすぐに帰らされた旦那。
一人ポカーンとする私。

4人部屋の一角で、母親歴2時間と産まれたて2時間才、
そんな新米二人がぽつんと残され。
そこから第2ラウンドのゴングが鳴り響いたのです。か~~~ん

抱き方もままならない母親。泣く赤子。
おっぱいの出が悪い母親。泣く赤子。
あそこはまだひりひりするし、体力気力はもう残ってない。
おっぱい出ないし、おっぱい切れて痛くなるし。
泣く息子とそれを見て泣けてくる母親。うえーん

その晩はもうろうとするが一睡も出来ず。
次の日はおっぱいの出を良くするために昼も夜も3時間おきに絞り機を使用。
相変わらず現状は眠らしてくれません。
おう、このままだと髪の毛、ごっそり抜けるぞ。

2日、3日で退院していく、部屋の人たち。
私はおっぱいが順調に出るのを待って5日目に晴れて退院。
取りあえず、第2ラウンドは乗り切ったけど、
自宅に帰れば、そこから第3ラウンドが始まるのね。
喜びと不安で複雑な気持ちのまま、6日ぶりに感じた外気。
なんとなく生暖かくなっている空気に、車から見る景色も色鮮やかさが増しています。

そのとき生まれて始めてみたジャカランダのうす紫の花。
まるで満開の桜のように大木にびっしりとうす紫の花が覆っています。
道の両サイドや、家々の庭で咲き乱れていました。

ジャカランダを思うとき、いつも7年前の退院したあの午後を思い出します。


旦那の両親はすでにいないのですが、
旦那のお姉さんが車で1時間の所に住んでいて、
この極東から来た涙もろい新米母を何かと気にかけてくれ、
今でも心の支えになってくれています。

そんなお姉さんにジャカランダ色のショールを編みました。
ショール初挑戦なので、がんばりました。


うはっここまでですでに長文になってしまいました。
ショールはさくさくっといくことに…

Jacaranda Shawl /ジャカランダ・ショール

IMG_6173_3_1.jpg

初ショールとして、このパターンは最適だったのかな?
パターンが分かりづらいので、なかなか波に乗れません。
ラベリーの先輩方の製作ノートを見ていくうちに、
パターンの別バージョンが存在することを発見!
これはすごく分かりやすい!!
一気に最後まで編み抜けれました。
いつもながらいろんな人に助けられております。 

IMG_6185_2_1_1.jpg 

夕焼け時刻に撮影したのでピンクぽく写ってます。

                             ↓ 下が限りなくジャカランダ色に近いようです。
IMG_6158_1_1.jpg 

IMG_6165_1_1_1.jpg
    ↑ おお~影も!!

   
Gail (aka Nightsongs)by MaweLucky/Jane Araujo
*Coats Patons 4ply  (頂き物)
*輪針8号
                                           

紫色の似合うやさしいヘレンさん、いつもありがとう。

関連記事
スポンサーサイト
Posted by miyayo
comment:15   trackback:0
[編み物 首と肩/Neck & Shoulders]  thema:編み物 - genre:趣味・実用
comment
グッとくるエピソード付きのショールです。
海外パターンの前置きみたいな感じだぁね

これからは紫色をみたらミヤヨっちが心に浮かぶことになりそうです。
素敵なパターン
素敵な影
素敵な編み手に
素敵な貰い手です。

私、ショール編んだことないからとっても気になります。
2010/06/10 01:28 | | edit posted by 紫音
なんだかグっときました
miyayoさん文章が上手い!

素敵なショールの完成おめでとうござます
きっと、きっと喜ばれると思います

とても奇麗な編み目!
丁寧に心をこめて編まれたのだろうと思います

朝からいい気分にさせていただきました
こちらはそろそろ梅雨模様ですけど
今日はとても良い天気なのです

なんだか、良き日になりそうな気になってきました^^
2010/06/10 08:18 | | edit posted by 緒里乃
紫音ち!

ありがとう!ちょこっとした前置きを書こうかなっと思っていたら、いろんな思い出がこみ上げて、気づいたら長くなってしまったよ。怖い話、本当はもっともっと長くて、ここは削除、あそこ~っと結構減らしたのよ~。

義理の姉さんの紫のイメージは高貴なやさしい感じなんだけど、ミヤヨっちの紫にはエロ味をかけておくれ!

素敵の連呼、うれしいです!
おとやんがブログで教えてくれた通りにショールって、楽しいかった!!
紫音ちも、ショールにはまろうよ!!



緒里乃さま!

おはようございます!!もうそろそろ梅雨のシーズンだけど、本日は快晴ですか!!
こちらの天気も、寝ぼけ眼には痛いくらいの日差しです。今日も良い日になりますよ~!!

ありがとうございます!
文章は…ひっv-393 、簡潔に分かりやすく伝えるって難しいです。でも、お伝えできたようで良かった~。

編み目きれいですか?うれしいな~。
一針入魂。なだら編みはしない!(気持ちだけはしかっりと)
お姉さん喜んでくれるとうれしいな。

2010/06/10 08:57 | | edit posted by miyayo
むむう。人に歴史あり。
みやよ殿から明るくてたくましい印象を受けるのはこんなあたりからもくるのかも。
大概のことは鼻歌歌いながら乗り越えられそう(笑)

むらさき好きです~。(いや、私もっとイカガワシイむらさきの方が好きだけど)
やわらかな色!パターンにもぴったり。楽しい恩返しですよね。むふふ。
2010/06/10 10:04 | | edit posted by みみずく
完成おめでとう!
薄紫がとっても素敵です。
心細かっただろう、海外での出産と
お義姉さんにまつわるエピソード、
思い出の詰まった作品になりましたね~。
ジャカランダの花、また咲いたら、ぜひ見せて下さいね。

gailというのは鳥の名前?
goo辞書で調べたけどなかったよ。
きっと羽の模様なんでしょうね。
2010/06/10 10:24 | | edit posted by おとやん
miyayoさんからあふれ出るおおらかな雰囲気は
こんな経験があってこそなのね・・・
読んでてちょっとウルウルきちゃった
そして私はまだまだ甘ちゃんだな

ショールも、紫色が似合う優しいお義姉さまも
ぜぇ~んぶステキ!!
孔雀の羽が沢山重なったようなデザインだなって
思ったんですがジャカランダの花なんですね
って、ジャカランダ知らないけど
美しい写真にもうっとりです(特にショールの影)
2010/06/10 11:28 | | edit posted by kumiko*
みみずく殿

まさに、人に歴史ありですね。人それぞれにいろんな物語が、それもいくつもあるのですよね。
センスの良い作品を次々に生み出すみみずくさんはどんな物語をつむいできたのでしょうか。(つむいで、なんて書いた自分の臭さにゾクゾクしちゃいました、失礼おば)

私に明るくたくましい、そんな印象がありますか??うれしいわ~。明るいのは能天気ぶるのがうまいからかもです。たくましいのは、年とともに野太くなったのかしら。20代までは2plyほどに繊細でした。今じゃスーパーバルキー12plyほどです。がしがし行くよ~!

やっぱ、みみずくさんは確信エロ犯。にらんだとおりじゃ。


おとやん!

ありがとうね!
自分では普段手にしない色、うす紫に今回発見がありました。セージ・ブラウスで使用した濃い紫はじっと見ていると血が騒いで興奮する感覚があるんだけど(変態の入り口)、うす紫は逆で、すっ~と心が座るというか素になれるんだよね。
色のパワーにまたまた魅力され中です。

本当に海外での出産、心細かったよん。来たばかりで友達もいなくて、頼れるのは旦那とお姉さんだけだった。出産一ヶ月後に助産婦さんが自宅に検診に来てくれた時に、いろいろ聞かれるうちに、たまっていたものが噴出して気がついたら大泣きしてました。泣き止めることができず、子供のようにヒックヒックずっとやっちゃった。恥ずかしい。それで結構、すっきりくっきりしたものです。あの時わざわざ自宅まで来てくれた助産婦さんにも助けられ、今の自分があるのですね。ちょっとしんみり。エロ紫を見てテンションあげなきゃ!

Gailって最初、パターンを見たときは人の名前かと思いました。知ってる人でGailと名乗る人が二人いるので。でも、本当のところはなんでしょうね?Gail またの名を(Aka)夜の歌?鳴き声?
ジャカランダが満開のころ写真撮りますね!!十月です!


Kumiko*っさん!

ちょっとちょっと、私はまだまだ甘ちゃんですたい。自分に甘くて甘くて、野放し状態です。周りにカツを入れてくれる親もいないので、欲望ばかり追いかける日々をこちらで送っております。
海外生活は出産とか病気とか、何かイベントがあると日本にいるより大変になると思うけど、普段は束縛もなく楽なのかな~っと思います。ま~結局はどこにいても自分次第なのかな。

ショールは本当に楽しかったです!くみこさんもおとやんとのショールkal 楽しんでください!
(ジャカランダはうす紫色のイメージで私がつけた名前でありますぞよ)
何の模様なのだろう?秘密はGailが握っているな。
2010/06/10 21:27 | | edit posted by miyayo
ジャカランダ色、すてきです!
パターンも美しいのう。。。
小学生のとき、新聞の日曜版でジャカランダの写真を見て大感激したのよ。母親といつか見に行こうぜと約束しててまだ果たしていない..

出産の体験談、わかるわかる~とうなづきながら読みました。わしも同じような目にあったねん、あんたはおっぱい出ないから退院しちゃだめーと言われて、ぼーぼー泣いてたら退職間際くらいのお歳のベテラン看護婦さんにむぎゅーと抱きしめられた。濃い看護婦さんだったなー。
生まれてすぐ母子同室でスパルタ式なんだよね...うちは退院してから姑とのバトルが待ってたしなあ。なつかしい怒涛の日々。

2010/06/10 22:45 | | edit posted by noko
そうかぁ。みやりんとジャカランダは、そんな深い関係で結ばれていたんですね。うるる。

特に深い思い入れがなくても、初めて見るジャカランダって感動しますもんね。(とくに、どぎつい色の花が多いオーストラリアで珍しく可憐に咲いている花だから)

お庭で育てているジャカランダも、思い出とともにすくすく育ちますように。
2010/06/11 03:06 | | edit posted by juno
nokoちん!

ありがとうね!
数十年前に新聞で見たジャカランダの印象がとても強烈だったのですね。お母さんといつか見に行く約束をするなんて、なんか胸がキュンとしちゃいました。果たせるといいね。
暖かい気候が好きな木だから、カナダはないのかな。
いつか来て来てオーストラリア、お母さんと一緒に~♪

やはりそちらも出産関係はスパルタ式でしたか。のこちゃんも泣いたか…お~がんばったの。
のこちゃんところのお姑さん、強そうだものね。さぞ激しい戦いの日々を生き抜いてこられたことでしょうか。
お姑さんて、いてくれると助かりそうだけど、いろいろあるんだね。これからもお互いたくましく生きていけたらいいね!


junoぱん!

そうなのれす。ジャカランダにはちょぴっとこんなエピソードがあったのでやんす。だから、是非是非、植木鉢から地植えにしてパッと花を咲かせてくれるまで育てたいのだけど、旦那が渋る…確かに、この家は持ち家ではないので、巨大になる木を勝手に植えないほうが良いのはわかる。うん。
当分、植木鉢でこじんまり育ててみます。

>どぎつい色の花が多いオーストラリアで珍しく可憐に咲いている花だからー
おお~確かにそうだ。言われてみて納得です!!ひときわ目を引くのも、一歩引いた控えめな淡い色だからこそなのかもしれませんね!!
家だって統一性がなくて、派手だものね。今日、家の壁一面を白黒のゼブラ模様にペイントしてある家の横をとおり、口をあんぐりしてきました。物好きだな~
2010/06/11 20:03 | | edit posted by miyayo
綺麗な色
綺麗な色のショール。
お義姉さん、喜んでくれると思いますよ。

前にもmiyayoさんにコメントしましたが、
本当に、miyayoさんの行動力には感心します。
でも大変なことや辛い事が沢山あったんでしょうね~
それをバネにして、頑張っているmiyayoさん~。
きっとすてきな人でしょうね。
私は、嫌なことは避けて通る根性なしなので、爪の垢を貰いたい位です。(笑)

昨日今日と旅行会社からパンフレットが届きました。
その中で、オーストラリアのジャカランダが満開になっている写真があったんですよ。
すごく綺麗だな~って思っていたら、miyayoさんのブログにでていた~~~。
びっくり!でした。
2010/06/11 20:09 | | edit posted by こりす工房
こりすさま!

ありがとうございます!!
なんとな!!こりすさん、今年の海外旅行はもしやっ!!南半球、日本から8時間くらい、時差1,2時間、そしてカンガルーとコアラとミヤヨの生息地、オーストラリアですか!!!一人で興奮中。
ジャカランダが載ってたんですね。シンクロしていてうれしいな~本当、きれいですよね。是非、生ジャカランダを眼にお納めください。

こりすさん、ありがとうございます。爪の垢などとんでもない!
褒められ慣れしてないので、本当はずかしいです。
いつもからかわれ、つっこまれ、へらへらしているタイプなんですよ。アホの強みです。あっでもこれ本当そうです。つらいときは思考停止して、ぽかんとやり過ごしてきたのかも!!

シー ユー イン オーストラリア!!
2010/06/11 21:27 | | edit posted by miyayo
ジャカランダー!
美しいです:-)
下から二番目の写真の色、本当にジャカランダみたい!ちょっと青紫できれいなんですよねぇ。私もジャカランダが大好きです。
それにしても素敵な話と難しそうなショールです。
でも影もきれいだし!お姉さん喜んでくれるんじゃないでしょうか♪そういう頼れる人がいるって、ものすごーく大きいですよね、知らない土地で一からはじめるときって特に。
私も一枚くらいこういうレーシーなショールを編んでみようかなぁ。
2010/06/17 08:36 | | edit posted by emi
ゼブラ模様!
家、統一性ないですね~。ゼブラ模様の家とは!
クイーンズランドの家は派手というよりは、ぼろっちい家ばかりでした:)
クイーンズランドみたいな半南国の場所で家がぼろいと、虫が多くて困ります....。
あるとき、蟻があまりにも侵入してくるので、「家って虫とかが外から入ってくるのを防ぐためにあるんじゃないんだっけ....?」と本気で家の機能を疑ったことがあります(苦笑)

(きれいなジャカランダのショールから、話がかなり脱線しました。ごめんなさい>_<:)
2010/06/17 22:06 | | edit posted by juno
emiさん!

ありがとう!
ジャカランダーって、なんか子供たちのヒーローみたいで、一人でむふふ。
emiさんもジャカランダ好きですか!苦い思い出のエピソードがなければ、みんな大好きジャカランダーですよね!
ゆけ、ゆけ、ゆけジャカランダ~♪ 
WAでも身近にたくさん生息しているの??
お姉さんにはまだ差し上げる機会がなく、いつ渡そうかとタイミングを見計らっております。誕生日だと12月だし、なんかいきなりハイってあげるのも照れちゃうな~
レーシーなショール編むのはとっても楽しかったです。パターンに慣れるまで時間かかったけど…やってみてちょ!


Juno-pan!

ほ~やはり州によって家の造りや流行とかもあるんだね。ブリスベン周辺に旅行に行ったときはそこまで気がつかなかったな。
でも、ケアンズは木の大きさも巨大で、家もラフな造りだったような。あそこは南国のイメージ。虫も大きく、虫密度も高かったな。
NSWの我が家もどこからか蟻やゴキブリ、たまにトカゲまで侵入!!お断りしたいのですが、懲りずに入ってきます。慣れてきている自分がまた、たのもしく思えたりして。前向きでしょ。

2010/06/18 21:01 | | edit posted by miyayo
comment posting














 

trackback URL
http://institches2.blog23.fc2.com/tb.php/63-a53d17a6
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。